銀行カードローンとその他の比較

カードローンには、さまざまな種類がありますが、たとえば銀行系カードローンというのがあり、このカードローンは、最初の申し込み時に金融機関などで利用できる限度額を決めて契約を行い、その金額の範囲内であるならば、提携のATMなどを利用して自由に何度でもお金を工面でき、さらには返済もおこなえるローンカードのことをいいます。またこのいカードローンは、基本的に借入総額は年収の3分の1までとなっていることが多く、クレジットカードのカードローンは、いわゆるキャッシングサービスとは別に、カード会社が会員向けに行なっているリボルビング方式の融資制度である通常、キャッシングよりもまとまった資金が借りられるといった仕組みになっているのです。またカード会社は、カードローンを希望する会員に個別に適正な審査をしたうえで、カードの利用限度額とは別にカードローンの利用枠を設定していることが多くあります。

銀行カードローンの詳細な特徴

銀行カードローンを検討した折り、当初から銀行系カードローンは、申し込みの候補に入れない方が意外と多いといえます。その理由として挙げられることが、銀行系は審査が厳しいといった意見や、敷居が高いといわれていますが。実際に銀行系のカードローンは、消費者金融系や信販系に比べた場合、厳しい傾向はあるといえますが、実際の審査基準については、企業ごとに異なっていることが多いのです。実際に厳しい会社もありますが、銀行系にしては優しい傾向の企業も、もちろんあります。さらには銀行系のカードローンは、なんといっても金利の低さが魅力的だといえるのです。もちろん安易な借り過ぎはダメですが、限度額が比較的大きめであることも銀行系カードローンの魅力の一つといえるのです。その他、通常の銀行口座とは別にカードローン返済用の口座を作成した上で、通常の口座の預金残高が一定以上の額に達した時には、その分を返済用口座に自動的に移し変えてくれたり、また公共料金などの引き落とし等で残高が不足した時に、自動的に口座にカードローンの限度額の範囲内で融資をしてもらうことで、残高不足により引き落としが出来ないといった事態を回避できるようなサービスも用意されているものもあり、銀行ならではのサービスが付いているようなカードローンも銀行によっては存在しています。また、融資限度額に応じて、細かな返済金利を設定しているところもあります。こういったように、銀行カードローンとは金利の低さが魅力なだけでなく、銀行だからこそ可能になっているサービスも用意されていて、まとまった金額を工面する必要があるときは、銀行系カードローンを検討しないのはもったいないとさえいえるのです。